プロフィール

ワタル

Author:ワタル
ガーディアンズ?
いや、違うね。
僕は『勇者』さ。

痛々しいブログですが、
宜しくお願いします。



勇イッター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

PSUぴたっ!

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
人に優しく
人に優しく
被災地にいる勇者ですが、一日の停電ののちようやくインフラが回復してきました。
親類や友人の何人かとは連絡がとれてはいませんが、無事だと信じるしかないのが歯痒いです。


街は信号すらも消え、真っ暗な闇。
真冬の寒さを暖房なしで過ごすのはとても堪えました。
食べるものすら確保できない不安に、明日が怖くなりました。

こういった非常時にこそ人の優しさが身にしみます。
届くかどうかも危うい応援のメールがたくさん届き、なんとか気力を保つことが出来ました。
闇の中、唯一の光であった充電切れかけの役立たずだと思っていた携帯電話。
そこを通して届いた、数行の文章が僕を助けてくれました。


自分は一人じゃないことを痛感しています。


僕はなんとか生活できているので、これから自分に出来ることは少しでも自分より大変な人のために節約したり、応援を発し続けることだと思います。

僕の尊敬する松岡充からもメールが着ていました。

心を打たれたのは
「見ている人たち、何も出来なくないよ?何か出来る!思うだけでも力になって届く」

という言葉です。

現地でも自分が無事だからと、心無い態度をとるはっきりいって人として哀れな人もいました。
けどそうじゃない人に優しくできるほどの強い人の言葉は、きっと想像以上の力をもって現地に届きます。


今だから届けてください。

何かできるはず。

応援の言葉、支援の募金、連絡が届く人への励まし。


一人で全員を救わなくてもいい。

でも一人が身内を助けていけば、きっとたくさんの人に言葉と優しさ、強さが広がっていくはずです。



動いてください。何かしましょう。


振り返って手を差し伸べる。

それが乗り越えた人の義務です。



お願いします。一緒に何か始めましょう。
スポンサーサイト
【2011/03/12 22:54】 | 未分類 | TrackBack(0) | Comment(1) |
Home*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。